→70〜74歳の高齢者の患者負担
→75歳以上の高齢者の患者負担
(後期高齢者医療制度)
 
保険医療機関で保険証を使って診療を受けると、実際かかった医療費の3割を負担する必要があります。(小学校就学前の乳幼児は2割)。
入院時には、食事代として1食当たり定額の「食事療養標準負担額」が必要です。
差額ベッドやおむつ代などは全額自己負担となります。
訪問看護サービスは3割を負担します(小学校就学前の乳幼児は2割)。
 
    自己負担
  通 院 入 院 訪問看護
被保険者・被扶養者共通
3割
3割
食事療養標準負担額**
3割
※ただし小学校就学前の乳幼児は2割負担。70歳以上の高齢者は1割負担または3割負担
 
 
**食事療養標準負担額(1食当たり)
  負担額は本人・被扶養者とも同額です。特別メニューの食事を頼む場合、その分の追加料金は自己負担になります。

また、65歳以上の方が療養病床に入院された場合は、「食事療養標準負担額」に代えて「生活療養標準負担額」を負担することとなります。
 
区  分
食事療養標準負担額
一般
1食当たり260円
低所得者
1食当たり210円
(90日を超える入院の場合 1食当たり160円)
 

生活療養標準負担額

※65歳以上の高齢者が療養病床に入院した場合

区分

生活療養標準負担額

食費
(1食)

居住費
(1日)

現役並み所得者

460円

320円

一般

460円

320円

低所得者

U

210円

320円

T

A

130円

320円

@

100円

0円

制度の解説>療養の給付-自己負担-