40歳以上74歳以下のすべての被保険者や被扶養者に対して、年1回、メタボリックシンドロームに関連する健康診査を実施することが、平成20年度から制度化されました。健診後、生活習慣病の発症リスクの度合いに応じて3グループに階層分けされ、それぞれ保健指導が提供されることとなっています。これを「特定健康診査・特定保健指導」と言います。


特定健康診査の検査項目

診察

問診

計測

身長

 

体重

 

BMI

腹囲

理学的所見(診察)

 

血圧

脂質

中性脂肪

HDL-コレステロール

LDL-コレステロール

 

肝機能

AST(GOT)

 

ALT(GPT)

 

γ-GTP

 

代謝系

空腹時血糖

尿糖

 

HbA1c

血液一般

ヘマトクリット値

 

血色素測定

 

赤血球数

 

尿・腎機能

尿蛋白

 

心機能

12誘導心電図

 

眼底検査

 

 

標準的な問診項目

・薬の服用
・既往歴
・貧血
・喫煙の習慣
・20歳からの体重変化
・30分以上の運動習慣
・歩行及び身体活動
・1年間の体重変化
・食生活の状況
・飲酒の習慣
・睡眠
・生活習慣の改善
・保健指導の希望



○…必須項目
◇…いずれかの項目の実施で可
◆…医師の判断により選択的に実施
☆…保健指導の判定基準でカウント
 

階層に応じた保健指導
特定健診の結果に基づくリスク判定により、要治療者を除いて3グループに階層分けされ、それぞれ保健指導が提供されます。リスクの高い順に@積極的支援、A動機づけ支援、B情報提供の順になっています。「情報提供」は、健診を受けた人全員に行われます。

 
特定健康診査及び特定保健指導は、「特定健康診査等実施計画」に則って実施してまいります。

被保険者・被扶養者の皆様におかれましては、自らの健康な毎日を送るため、日々の生活習慣改善と健康保持増進に努められますようお願い申し上げます。